袴レンタルジャパン

女学生の袴姿は正装?略装?それとも普段着?!

現代では卒業式や競技かるた部の服装・武道(剣道・弓道)着として着られている『袴』ですが、そも

  

女学生の袴姿は正装?略装?それとも普段着?!

  

hakama_sotsugyo_image2.jpg

現代では卒業式や競技かるた部の服装・武道(剣道・弓道)着として着られている『袴』ですが、そもそも正装なの?

そんな質問をいただくことがあります。

結論から言うと、女子袴の万人共通の公式な位置づけははっきりしていないのです。

kyudouhakama_mini.jpg

武道着としての袴は『武士(男性)』の服装が発端となっていますので、正式な仕事着のようなものです。

卒業式や競技かるた部の女子袴は、明治時代に女学生が動きやすい通学服として利用し始めたものが始まりとも言えますので、学生の制服と同じかもしれません。

現代でも学生服は学校での式典はもちろん、結婚式や葬儀などの場所へ正式な服装として着て行けますので、『袴』も服装自由な女学校時代の学生服で、正式な服装と言えるかもしれませんね。

『まてまてーっ!、着物TPOで考えると未婚女性の正装は『振袖』なので、袴は正装ではないのでは?』と言われると、ごもっともなのですが・・・。

だからといって、『袴』が振袖の略装かというと明らかに違いますし、普段着でもありません。(さすがに普段から袴姿で過ごしている女子happy01はいませんよね)

海外における洋装で考えてみますと、わかりやすいかもしれません。

女性の正装は『ロングドレス』ですね。これは当然の常識で、サッシュ(sash)着用でより公式な場所に着てゆくにふさわしい服装になります。

でもローティーンの女子にこのロングドレスとなると、相当な違和感があります。

かといって、学校の制服で色々な式典(学校行事であっても)に参加するというのは相当野暮な服装と受け取られてしまうでしょう。

teens_doress_mini.jpg

正式には決まっておらず、はっきりしてはいませんが、かわいいワンピースやショート丈のドレスなどが華やかさも正装感も増しますので、最適なのではないでしょうか。。。

女子袴もこのような位置づけ(ローティーン及び女学生のかわいい正装感のある服装)で考えて良いのではないかと考えますがいかがでしょう。

 

PS

ちなみに外国人には野暮に見えてしまう日本人特有の感性として、式典やパーティにおける『他人と同じ服装なら無難』とか、『女子生徒は制服を着ておけば無難』とかいうものがありますが、実は有史以来~大正時代までこのような発想は日本人でも持ってはいなかったようなのです。

旧家にみられるような豪華なひな壇を競い合ったとか、ドラマ等でも出てくる大正時代の女学校の式典で着飾った女学生の華やかさなど見てもわかりますよね。すべての日本人がそうではありませんが、戦前までの結婚式は華やかさを競い合うくらい華美です。

多分、戦前から戦中にかけて約10年くらいの間に『質素の強制』をされたことによる『服装を考えることをやめる思想』が身に付いたものなのではないかと思います。戦後の平等思想とも相まってさらに志向が強まったともいえます。

奈良時代から江戸時代までもその時々の政府から『質素倹約令』が何度出されても、その時だけで定着しなかったことを考えると、戦後70数年たっても未だに消え去れない戦前・戦中の『質素強制』は、よほど強烈な同調圧力だったのでしょう。

でも、そろそろ『質素強制思想に基づく同調圧力』から卒業しても良いのかもしれませんね。

みんながオシャレに気を使える社会を作ることこそ理想であって、みんながそろってオシャレを我慢する社会というのは間違えた平等ともいえます。

ティーンの女子生徒・学生も特別な日には華やかに着飾れるようにならないと、世界から『異質な人たち』とみられることになりかねませんから。

Copyright© 2009-2019 AIYA Co.,LTD All rights reserved.


このサイト上での通信はSSLにより暗号化され、お客様の個人情報は保護されています。