袴レンタルジャパン

座るときには袴の後ろを少し持ち上げる?!

袴姿で椅子に座ったり立ったりしているとお尻で袴を引っ張り、だんだん袴の位置が下がってくる可能性が

  

座るときには袴の後ろを少し持ち上げる?!

  

袴姿で椅子に座ったり立ったりしているとお尻で袴を引っ張り、だんだん袴の位置が下がってくる可能性があります。

(卒業式会場では座ったり立ったりを繰り返しますよね)

袴の後部は帯で落ちてこないように支えているのですが、何度もぐいぐい引っ張られる状態になると、支えている部分が緩くなってしまい、着崩れしやすくなるのです。

この状態を防ぐためには、袴で椅子に座るときには、お尻の横の袴の後ろ部分を少し横に持ち上げてから座りましょう。

これによって、お尻と袴の間に少し空間が生まれ、支えている帯の部分が引っ張られなくなるのです。

袴を少し広げて座る(お尻に敷いている部分を少なくする)と、前の部分のプリーツをきれいに揃えることができるようになるので、見た目にもキレイな姿になりますよ。

 

Copyright© 2009-2018 AIYA Co.,LTD All rights reserved.


このサイト上での通信はSSLにより暗号化され、お客様の個人情報は保護されています。