袴レンタルジャパン

着物の袖はほつれやすい?!

『着物の袖の縫い目がほつれてるっ!どうしよう!!』って慌てないでくださいね。 振袖や小振袖など

  

着物の袖はほつれやすい?!

  

『着物の袖の縫い目がほつれてるっ!どうしよう!!』って慌てないでくださいね。

振袖や小振袖など袖の長い着物は、身と袖の縫い目のすそがあえて解れやすい構造になっています。

なぜなのかと言えば、長い袖を踏んだり引っかけたりした際に、着物そのものが破れたり、着ている本人がケガしたりするのを防ぐためなのです。

例えば、階段で長い振袖の袖を踏んでしまったとき、バランスを崩して転げ落ちて大けがをするなんてことも十分に考えられます。

椅子に座った時に袖を引っかけてしまって、立ち上がる際に強い力で引きちぎられることも。

でもこんな時、あえて弱い縫い目部分を作って解れやすくしておけば、その部分が解れるだけで着物の破損や怪我を防げるのです。

縫い目のほつれなので、簡単に縫えばすぐに何事もなかったかのように元に戻ります。

着物の伝統に込められた先人の知恵ってすごいですね!!

Copyright© 2009-2018 AIYA Co.,LTD All rights reserved.


このサイト上での通信はSSLにより暗号化され、お客様の個人情報は保護されています。